Zabbixサーバインストール


ここでは、サーバ監視ソフトウェアであるZabbixサーバのインストールを行います。

■OS
CentOS 6 64bit

■データベース
MySQL

(1)Zabbixインストール用のリポジトリをインストールする。
[root@example ~]# rpm -ivh http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/i386/zabbix-jp-release-6-4.noarch.rpm

※各バージョンのリポジトリについては以下アドレスを参照してください。
http://www.zabbix.jp/modules/bwiki/index.php?ZABBIX-JP%A4%CEyum%A5%EA%A5%DD%A5%B8%A5%C8%A5%EA%CD%F8%CD%D1%CA%FD%CB%A1

(2)必要なパッケージをインストールする。
[root@example ~]# yum -y install mysql-server mysql fping iksemel net-snmp-libs openldap curl unixODBC OpenIPMI-libs libssh2 httpd php php-gd php-bcmath php-mysql php-mbstring php-xml zabbix-web zabbix-web-mysql

(3)Zabbixサーバをインストールする。
[root@example ~]# yum -y install zabbix zabbix-server zabbix-server-mysql

(4)MySQLの設定をする。
[root@example ~]# vi /etc/my.cnf
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

character-set-server = utf8 # 追加
skip-character-set-client-handshake # 追加

innodb_file_per_table # 追加
innodb_buffer_pool_size = 64M # 追加
innodb_log_file_size = 16M # 追加
innodb_log_files_in_group = 2 # 追加

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid


(5)MySQLを起動する。
[root@example ~]# /etc/rc.d/init.d/mysqld start
[root@example ~]# chkconfig mysqld on

(6)Zabbixで使用するDB、ユーザーを作成する。
[root@example ~]# mysql -u root
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 2
Server version: 5.1.52 Source distribution

Copyright (c) 2000, 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
This software comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY. This is free software,
and you are welcome to modify and redistribute it under the GPL v2 license

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> create database zabbix;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> quit
Bye

※rootなどのパスワードを適切に設定してください。(任意)

(7)Zabbix用のDBをインポートする。
[root@example ~]# mysql -u zabbix -p -D zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.7/schema/mysql.sql
Enter password:
[root@example ~]# mysql -u zabbix -p -D zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.7/data/data.sql
Enter password:
[root@example ~]# mysql -u zabbix -p -D zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.7/data/images_mysql.sql
Enter password:

(8)Zabbixの設定ファイルを修正する。
[root@example ~]# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBUser=root
↓ # 変更
DBUser=zabbix

# DBPassword=
↓ # 変更
DBPassword=password

# DBSocket=/var/lib/mysql/mysql.sock
↓ # コメントアウト削除
DBSocket=/var/lib/mysql/mysql.sock

(9)Zabbixサーバを起動する。
[root@example ~]# /etc/rc.d/init.d/zabbix-server start
Starting zabbix server:                                    [  OK  ]
[root@example ~]# chkconfig zabbix-server on

(10)Apacheを起動する。
[root@example ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

※ここでは、Apacheのセキュリティは考えていません。適切な設定をしてください。

(11)ZabbixのWeb GUIを起動させる。
[root@example ~]# rm -rf /etc/zabbix/zabbix.conf.php


・ブラウザのURL欄に「http:// IP or Domain/zabbix」へアクセスしてください。











一時的に設定ファイルを保存するディレクトリのパーミッションを変更する。
[root@example ~]# chmod 777 /etc/zabbix/








一時的に変更したディレクトリのパーミッションを戻す。
また、設定ファイルなどを適切なパーミッションにする。
[root@example ~]# chmod 755 /etc/zabbix/
[root@example ~]# chown root:root /etc/zabbix/zabbix.conf.php
[root@example ~]# chmod 644 /etc/zabbix/zabbix.conf.php




初期アカウント:Admin
初期パスワード:zabbix

でログインできるか確認する。

Comments are closed.