EPGrec導入


予約録画ツールとして、「EPGrec」を導入します。
EPGrecを導入すれば、Webインターフェース上から番組の予約録画などが行えて便利です。

■EPGrecについて
http://www.mda.or.jp/epgrec/index.php/トップページ

(1)「EPGrec」本体と「EPGdump」をダウンロードする。

・「EPGrec」本体ダウンロード先

http://www.mda.or.jp/epgrec/index.php/ダウンロード#pa1df56c
・「EPGdump」ダウンロード先
http://www.mda.or.jp/epgrec/index.php/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3
%83%AB%E5%89%8D%E3%81%AE%E6%BA%96%E5%82%99#tf1ea0e4


ダウンロードしたアーカイブファイル(2011年04月03日現在)
・epgrec-20100322.tar.gz
・epgdumpr2-utf8.tar.gz
上記2つをサーバへアップロードしてください。

(2)必要なパッケージをインストールする。
[root@example ~]# yum -y install httpd php php-mbstring php-mysql mysql mysql-server

(3)「EPGdump」をインストールする。
[root@example ~]# tar zxvf epgdumpr2-utf8.tar.gz
[root@example ~]# cd epgdumpr2
[root@example epgdumpr2]# make
[root@example epgdumpr2]# cp -p epgdump /usr/local/bin/

(4)「EPGrec」本体を「/var/www」先に解凍する。
[root@example ~]# tar zxvf epgrec-20100322.tar.gz -C /var/www
[root@example ~]# chown -R apache:apache /var/www/epgrec/

(5)「MySQL」の設定をする。
[root@example ~]# vi /etc/my.cnf
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Default to using old password format for compatibility with mysql 3.x
# clients (those using the mysqlclient10 compatibility package).
old_passwords=1

default-character-set=utf8 ← # 追加

# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks;
# to do so, uncomment this line:
# symbolic-links=0

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

default-character-set=utf8 ← # 追加

[mysql] ← # 追加
default-character-set=utf8 ← # 追加

[root@example ~]# service mysqld start
[root@example ~]# chkconfig mysqld on


(6)「EPGrec」で使用するデータベース、ユーザーを作成する。
[root@example ~]# mysql -u root
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 4
Server version: 5.0.77 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> create database epgrec; ← # 「epgrec」と言うデータベースを作成
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

mysql> create database epgrec;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

mysql> grant all privileges on epgrec.* to epgrec@localhost identified by 'password'; ← # 「epgrec」データベースにアクセスできる「epgrec」ユーザを作成
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> show databases; ← # データベースが作成されたか確認
+------------------------+
| Database               |
+------------------------+
| information_schema     |
| epgrec                 |
| mysql                  |
| test                   |
+-----------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

mysql> quit
Bye

[root@example ~]# mysql -u epgrec -p ← # epgrecユーザでMySQLにログインしてみる。
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 5
Server version: 5.0.77 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> show databases; ← # データベースを確認してみる。
+------------------------+
| Database               |
+------------------------+
| information_schema     |
| epgrec                 |
| test                   |
+-----------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

mysql> quit
Bye

(7)「EPGrec」の設定を行う。
[root@example ~]# cd /var/www/epgrec/
[root@example epgrec]# cp -p config.php.sample config.php
# ※お住まいの地域用に「config.php」を編集してください。東京近辺であればデフォルトで問題ないと思われますが、一応確認してください。

[root@example epgrec]# cp -p do-record.sh.pt1 do-record.sh

(8)「Apache」の設定、起動をする。
[root@example epgrec]# chsh apache ← # apacheのシェルを変更する。録画スクリプトを実行するために必要。
apache のシェルを変更します。
新しいシェル [/sbin/nologin]: /bin/sh
シェルを変更しました。

[root@example ~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
DocumentRoot "/var/www/html"
↓ # 変更
DocumentRoot "/var/www/epgrec"

<Directory "/var/www/html">
↓ # 変更
<Directory "/var/www/epgrec">

[root@example ~]# service httpd start
[root@example ~]# chkconfig httpd on

(9)「http://IP or FQDN/」にアクセスする。


問題が無ければ以上を確認し次の設定に進むをクリックする。



赤枠でかこった情報を入力する。
後は、デフォルトで良いが必要があれば変更する。
設定後設定を保存するをクリックする。

次は、地デジチューナーの設定や録画設定です。



環境に合わせて設定してください。 



特に問題が無ければこのリンクをクリックするとEPGの初期受信が始まりますをクリックする。
番組表受信には、数十分から1時間ほどかかりますので気長に待ちましょう。

(10)「EPGrec」のcronを設定する。
[root@example ~]# cp /var/www/epgrec/cron.d/getepg /etc/cron.d/
[root@example ~]# vi /etc/cron.d/getepg
29 */2 * * * www-data /var/www/epgrec/getepg.php
↓ # 変更
29 */2 * * * apache /var/www/epgrec/getepg.php

[root@example ~]# chmod 644 /etc/cron.d/getepg


(11)番組表を確認する。

「http://IP or FQDN/」にアクセスして番組表が表示されるか確認する。

Comments are closed.