メーリングリスト作成


メーリングリストを作成するため「mailman」のインストール、設定を行います。
「Apache」がインストール済みとします。

(1)「Mailman」をインストールする。
[root@mail1 ~]# yum -y install mailman

(2)「PostfixAdmin」でメーリングリストに使用できるドメインを作成する。
「PostfixAdmin」では、ドメインのみ作成してください。

(3)「Postfix」の設定を行う。
[root@mail1 ~]# vi /etc/postfix/main.cf
myorigin = $mydomain
↓ # 変更
myorigin = $myhostname

mydestination =
↓ # 変更
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost

alias_maps = hash:/etc/aliases
↓ # 変更
alias_maps = hash:/etc/aliases, hash:/etc/mailman/aliases

local_transport = virtual
↓ # 変更
local_transport = local

virtual_alias_maps = mysql:/etc/postfix/mysql_virtual_alias_maps.cf
↓ # 変更
virtual_alias_maps = mysql:/etc/postfix/mysql_virtual_alias_maps.cf, hash:/etc/mailman/virtual-mailman

#---------最終行に追加----------
owner_request_special = no
recipient_delimiter = +

(4)「Mailman」の設定を行う。
[root@mail1 ~]# vi /etc/mailman/mm_cfg.py
DEFAULT_URL_HOST = fqdn
DEFAULT_EMAIL_HOST = fqdn
↓変更(コメントアウト)
#DEFAULT_URL_HOST = fqdn
#DEFAULT_EMAIL_HOST = fqdn

add_virtualhost(DEFAULT_URL_HOST, DEFAULT_EMAIL_HOST)
↓ # 変更
#add_virtualhost(DEFAULT_URL_HOST, DEFAULT_EMAIL_HOST)
MTA = 'Postfix'
POSTFIX_STYLE_VIRTUAL_DOMAINS = ['mail2.com','mail3.com'] ← # メーリングリストのバーチャルドメインを指定(例)
add_virtualhost('www.mail1.com','mail2.com') ← # URLとドメインを紐付ける(例)
add_virtualhost('www.mail3.com','mail3.com') ← # URLとドメインを紐付ける(例)
OWNERS_CAN_DELETE_THEIR_OWN_LISTS = Yes ← # ブラウザ上からメーリングリストを削除できるように設定
DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = 'ja' ← # デフォルト言語を指定

(5)「Mailman」のメーリングリストを作成する。この作業を行わないと起動しない。
[root@mail1 ~]# /usr/lib/mailman/bin/newlist mailman@mail1.com
リスト管理者のメールアドレスを入力してください: root@mail1.com
mailman の初期パスワード: パスワードを入力(表示されない)
Enter を押して mailman の管理者にメール通知する...

)文字コードが「EUC」じゃないと文字化けが発生する。 

(6)管理用、メーリングリスト作成用のパスワードを作成する。
[root@mail1 ~]# /usr/lib/mailman/bin/mmsitepass パスワード
パスワードを変更しました.
[root@mail1 ~]# /usr/lib/mailman/bin/mmsitepass -c パスワード
パスワードを変更しました.

(7)「Mailman」の「genaliases」スクリプトを実行する。
[root@mail1 ~]# /usr/lib/mailman/bin/genaliases

(8)「/etc/mailman/」直下にある「aliases」「aliases.db」「virtual-mailman」「virtual-mailman.db」のパーミッションとオーナーを変更する。
[root@mail1 ~]# chown apache:mailman /etc/mailman/aliases
[root@mail1 ~]# chown mailman:apache /etc/mailman/aliases.db
[root@mail1 ~]# chown apache:mailman /etc/mailman/virtual-mailman
[root@mail1 ~]# chown mailman:apache /etc/mailman/virtual-mailman.db
[root@mail1 ~]# chmod g+w /etc/mailman/aliases.db
[root@mail1 ~]# chmod g+w /etc/mailman/virtual-mailman.db

(9)「Mailman」を起動する。
[root@mail1 ~]# /etc/rc.d/init.d/mailman start
mailman を起動中:                                          [  OK  ]

(10)「Apache」を再起動する。
[root@mail1 ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

(11)「Postfix」を再起動する。
[root@mail1 ~]# /etc/rc.d/init.d/postfix restart
postfix を停止中:                                          [  OK  ]
postfix を起動中:                                          [  OK  ]

(12)【http://FQDN/mailman/admin】に接続する。


(13)iconがうまく表示されない場合は以下の対処を行う。
[root@mail1 ~]# vi /etc/httpd/conf.d/mailman.conf
#---以下を追加---
Alias /icons/ /usr/lib/mailman/icons/
<Directory "/usr/lib/mailman/icons/">
    AllowOverride None
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>
[root@mail1 ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
Stopping httpd:                                    [  OK  ]
Starting httpd:                                    [  OK  ]
上記については、httpd.confのiconsがコメントアウト又は削除されていることが条件です。

Comments are closed.