PostfixAdminインストール、設定


「PostfixAdmin」のインストール、設定を行います。

(1)「Apache」「PHP」のインストールする。
[root@mail1 ~]# yum -y install httpd php php-mysql php-mbstring

(2)「PostfixAdmin」をダウンロードする。
[root@mail1 ~]# wget http://sourceforge.net/projects/postfixadmin/files/postfixadmin/postfixadmin-2.3.1/postfixadmin-2.3.1.tar.gz/download

)2010年07月21日の最新バージョンは「postfixadmin_2.3.1」です。最新版は以下のURLで確認すること。
http://sourceforge.net/projects/postfixadmin/

(3)「PostfixAdmin」で使用するデータベースを作成する。
[root@mail1 ~]# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 4
Server version: 5.0.77 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> create database postfix; ← # ここでは「postfix」データベースを作成
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> show databases; ← # 「postfix」と言うデータベースができているか確認
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| postfix            |
+--------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

mysql> grant all privileges on postfix.* to postfixadmin@localhost identified by 'postfixadmin(パスワード)';
↑# ここでは「postfix」データベースにフル権限を持っている「postfixadmin」ユーザを作成
    また、パスワードは「postfixadmin」に設定している。
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> select user from mysql.user where user="postfixadmin"; ← # 「postfixadmin」ユーザが作成されているか確認
+--------------+
| user         |
+--------------+
| postfixadmin |
+--------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> exit
Bye

(4)作成した「PostfixAdmin」ユーザーで「MySQL」にログインできるか確認する。
[root@mail1 ~]# mysql -u postfixadmin -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 5
Server version: 5.0.77 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql>

(5)ダウンロードした「postfixadmin_2.3.tar.gz」を解凍する。
[root@mail1 ~]# tar zxvf postfixadmin_2.3.tar.gz

(6)解凍後、リネーム(ここではpostfixadmin)し「/var/www/html」直下に移動させる。
[root@mail1 ~]# mv postfixadmin-2.3/ /var/www/html/postfixadmin

(7)「postfixadmin」ディレクトリ、ファイルのパーミッションを変更する。
[root@mail1 ~]# cd /var/www/html/
[root@mail1 html]# chown -R apache:apache postfixadmin/
[root@mail1 html]# cd postfixadmin/
[root@mail1 postfixadmin]# chmod 640 *.php
[root@mail1 postfixadmin]# cd admin/
[root@mail1 admin]# chmod 640 *.php
[root@mail1 admin]# cd ../images/
[root@mail1 images]# chmod 640 *.png
[root@mail1 images]# cd ../languages/
[root@mail1 languages]# chmod 640 *.lang
[root@mail1 languages]# cd ../users/
[root@mail1 users]# chmod 640 *.php
[root@mail1 users]# cd ../
[root@mail1 postfixadmin]#

(8)「PostfixAdmin」の設定ファイルを編集する。
[root@mail1 postfixadmin]# vi config.inc.php
$CONF['configured'] = false;
↓ # 変更
$CONF['configured'] = true;

$CONF['default_language'] = 'en';
↓ # 変更
$CONF['default_language'] = 'ja';

#---ここからは(3)で作成した情報を入力する---
$CONF['database_type'] = 'mysql';
$CONF['database_host'] = 'localhost';
$CONF['database_user'] = 'postfixadmin';
$CONF['database_password'] = 'postfixadmin';
$CONF['database_name'] = 'postfix';
$CONF['database_prefix'] = '';
#---ここまで---

$CONF['page_size'] = '10';
↓ # 変更(任意)
$CONF['page_size'] = '100';

$CONF['domain_path'] = 'NO';
↓ # 変更(任意)
$CONF['domain_path'] = 'YES';

$CONF['quota'] = 'NO';
↓ # 変更(任意)
$CONF['quota'] = 'YES'; ← # PostfixAdminから個人(バーチャルメールアカウント)ごとのメールボックスサイズを指定する

$CONF['quota_multiplier'] = '1024000'; ← # 「quota」をYESにした場合の1MBのサイズを指定

$CONF['show_footer_text'] = 'YES';
↓変更(任意)
$CONF['show_footer_text'] = 'Postfix Admin'; ← # フッターを指定

$CONF['footer_link'] = 'http://change-this-to-your.domain.tld';
↓変更(任意)
$CONF['footer_link'] = 'http://www.example.com/postfixadmin/'; ← # トップページを指定

(9)ローカルからのみ接続できるように「Apache」の設定を変更する。
[root@mail1 ~]# vi /etc/httpd/conf.d/postfixadmin.conf
<Directory "/var/www/html/postfixadmin">
    Options Indexes FollowSymLinks
    AllowOverride None
    Order allow,deny
    Allow from 192.168.1 ← ローカルからのみアクセス許可(ここでは192.168.1ネットワーク)
</Directory>

(10)「Apache」を起動する。
[root@mail1 postfixadmin]# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

(11) 「Postfix Admin」にブラウザから【http://IPアドレス or ドメイン/postfixadmin/setup.php】に接続する。


上図のように表示される。

アクセスエラーが無い事を確認する。

赤枠で囲まれている所に警告が出ているが、これは「php-imap」がインストールされていないため出る。今回は「IMAP」を使用しないので、このまま設定を行うが「IMAP」を使用する場合は「php-imap」をインストールする。

また、「Postfix Admin」が使用するデータベースのアップデートが自動で行われる。



ブラウザをリロードして上記画面になれば完了。
【Change setup password】の【Setup password】に任意のパスワードを入力し【Generate password hash】をクリックする。

(12)「PostfixAdmin」の管理ユーザーを作成する。


クリック後、上図赤枠で囲まれている所にハッシュ値が表示されるので、その値を「config.inc.php」に記述する。 
[root@mail1 postfixadmin]# vi config.inc.php
$CONF['setup_password'] = 'changeme';
↓変更
$CONF['setup_password'] = '9294681cf979a13805167dc8ef84e620:3a06302d6ce3a6c2d7d865c3e7b069a5b5f6e320';

上記設定後、【Create superadmin account】の【Setup password(⑫で設定したパスワード)】【ドメイン管理者】【パスワード】を入力して「Postfix Admin」の管理者を作成する。 

(13)「PostfixAdmin」の管理者でログインできるか確認する。
【http://IPアドレス or ドメイン/postfixadmin】に接続し管理ユーザでログインできるか確認する。


【ログイン(メールアドレス)】【パスワード】を入力して【ログイン】をクリックする。

ログイン後は、下図が表示される。



参考文献
1.  http://centos.bungu-do.jp/2008/11/postfix_2_mysqlpostfixadmin.html

Comments are closed.