CentOS5インストール

当ページの検証環境構築(OSのインストール)は、以下の手順でOSをインストールして検証を行っています。 

(1)CentOSのインストールCD/DVDをドライブに入れてCD/DVDブートする。


(2)インストールCD/DVDのチェックをスキップする。

(3)Netを押す。


(4)言語は「Japanise(日本語)」を選択して、Nextをクリックする。


(5)キーボードの言語で「日本語」を選択して、Nextをクリックする。


(6)ドライブを初期化するため「はい」を選択する。


(7)ここではデフォルトのLVMを作成するので、そのまま「次(N)」をクリックする。


(8)ここでは、全て削除するので「はい(Y)」をクリックする。


(9)ここでは、DHCPを利用するためデフォルトのまま「次(N)」をクリックする。


(10)時間は「アジア/東京」のまま「次(N)」をクリックする。


(11)rootのパスワードを設定する。


(12)「Desktop-Gnome」のチェックを外して「今すぐカスタマイズする(C)」を選択する。


(13)「開発」を選択して「開発ツール」にチェックを入れる。


(14)「ベースシステム」、「ベース」を選択し「オプションパッケージ(O)」をクリックする。 

(15)「firstboot-tul」のチェックをはずし、「閉じる(X)」をクリックし、「次(N)」をクリックする。


(16)「次(N)」をクリックしてインストールを開始する。

Comments are closed.