ddハ_ハ  
(‘(゚∀゚∩ < “history” コマンドで日付を付けるよ!付けるよ!
ddヽ  〈 
dddヽヽ_)

 

bash3.0以上から使える方法です。

 

HISTTIMEFORMATという環境変数を使えば簡単に日付表示が出来ちゃいます。

 

[hoge@hoge ~]$ HISTTIMEFORMAT=’%Y-%m-%d %T’

[hoge@hoge ~]$ export HISTTIMEFORMAT

 

これで、OK!

 

試しに、”history” コマンドを打った結果です。

 

[hoge@hoge ~]$ history

130  2009-12-06 23:36:16vi nodes

131  2009-12-06 23:36:27qmgr

132  2009-12-06 23:36:57/etc/rc.d/init.d/pbs restart

133  2009-12-06 23:37:58ls

134  2009-12-06 23:38:00top

135  2009-12-06 23:40:24qmgr

136  2009-12-06 23:41:52vi nodes

137  2009-12-06 23:42:05/etc/rc.d/init.d/pbs restart

138  2009-12-06 23:56:32cat /etc/profile.d/history.sh

139  2009-12-06 23:58:04history

 

こんな感じで、”年-月-日 時間” と言う風に表示されます。

 

これで、いつ打ったコマンドか分かりますね(´ー`)

 

さて、これだけだといちいちログインした時に、環境変数(HISTTIMEFORMAT)を入力して、exportで反映させないといけないのでまんどくさいです。

 

なので、ログイン時に自動で、この”HISTTIMEFORMAT”を反映させます。

 

・個人ユーザだけ反映させたい場合

[hoge@hoge ~]$ vi .bashrc

HISTTIMEFORMAT=’%Y-%m-%d %T’

export HISTTIMEFORMAT

 

・全体に反映させたい場合

[root@hoge ~]# vi /etc/profile.d/history.sh

#!/bin/bash

HISTTIMEFORMAT=’%Y-%m-%d %T’

export HISTTIMEFORMAT

[root@hoge ~]# chmod +x /etc/profile.d/history.sh

 

これは、かなり便利なのでオヌヌメです。


12月 7, 2009 at 12:12 am by 黒ぶちメガネ
Category: Linux