OSSでチャットツールを探していたところ、SPIKAを見つけました。
そこで、CentOS6 に OSS メッセンジャーの SPIKA をインストールしてみました。
※ここでは、とりあえず動作する手順のみ書いています。セキュリティとか無視してます

■SPIKA公式
http://spikaapp.com/ja/

 


1. EPELのリポジトリ登録

[root@localhost ~]# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm を取得中
警告: /var/tmp/rpm-tmp.iRW5Nq: ヘッダ V3 RSA/SHA256 Signature, key ID 0608b895: NOKEY
準備中...                ########################################### [100%]
   1:epel-release           ########################################### [100%]

SPIKAインストールに必要な xdebug と phpunit をインストールするためにEPELを使用します。
 

2. 必要なパッケージのインストール

[root@localhost ~]# yum -y install httpd mod_ssl curl git php php-curl php-mysql php-gd php-phpunit-PHPUnit php-pecl-xdebug mysql-server

※mod_ssl をインストールしているのはhttpsを対応にできるようにするためです。必須ではありません。ただ、httpsでSPIKAを利用すると、チャット発言のリアルタイム反映がうまくいきませんでした。
 

3. SPIKAのインストール

[root@localhost ~]# cd /var/www/html/
[root@localhost html]# git clone https://github.com/cloverstudio/Spika-Server.git
[root@localhost html]# cd Spika-Server/
[root@localhost Spika-Server]# mkdir logs
[root@localhost Spika-Server]# mkdir uploads
[root@localhost Spika-Server]# chmod 777 logs/
[root@localhost Spika-Server]# chmod 777 uploads/
[root@localhost Spika-Server]# php composer.phar install -d .
(snip)
silex/silex suggests installing symfony/form (>=2.3,<2.5-dev)
phpunit/phpunit suggests installing phpunit/php-invoker (>=1.1.0,<1.2.0)
symfony/dom-crawler suggests installing symfony/css-selector ()
symfony/browser-kit suggests installing symfony/process ()
Generating autoload files

 

4. Apacheの設定

[root@localhost ~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
(snip)
<Directory "/var/www/html">
(snip)
# for more information.
#
    Options Indexes FollowSymLinks

#
# AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
# It can be "All", "None", or any combination of the keywords:
#   Options FileInfo AuthConfig Limit
#
    AllowOverride None
    ↓ # 変更
    AllowOverride All

 

5. MySQLの設定

[root@localhost ~]# vi /etc/my.cnf
(snip)
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

character-set-server = utf8 # 追加
skip-character-set-client-handshake # 追加

 

6. ApacheとMySQLの起動

[root@localhost ~]# service httpd start
[root@localhost ~]# chkconfig httpd on
[root@localhost ~]# service mysqld start
[root@localhost ~]# chkconfig mysqld on

 

7. SPIKAで使用するDBとMySQLのユーザーを作成

[root@localhost ~]# mysql -u root
mysql> create database spikadb;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> grant all privileges on spikadb.* to spikauser@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> quit
Bye

 

8. SPIKAのセットアップ

ブラウザで以下のアドレスにアクセスします。

アドレス : http://IP or FQDN/Spika-Server/wwwroot/installer
 

8-1. DB情報を入力

DB情報を入力して、「Connect to Database」をクリックします。
01_Spika_Install

 

8-2.スキーマ作成

「Create Database Schema」をクリックします。
02_Spika_install
 

8-3. 初期データ作成

「Create Initial Data」をクリックします。
03_Spika_install
 

8-4. 初期設定

赤枠部分をコピーします。
04_Spika_install

以下のファイル(init.php)を修正します。

[root@localhost ~]# vi /var/www/html/Spika-Server/config/init.php
(snip)
/* change here */
/*define('ROOT_URL','http://localhost:8080/wwwroot'); コメントアウト
define('LOCAL_ROOT_URL', 'http://localhost/wwwroot'); コメントアウト*/

define('ROOT_URL','http://192.168.0.195/Spika-Server/wwwroot'); /* 追加 */
define('LOCAL_ROOT_URL', 'http://localhost/Spika-Server/wwwroot'); /* 追加 */

/*define("MySQL_HOST", 'localhost'); コメントアウト
define('MySQL_DBNAME', 'spikadb'); コメントアウト
define('MySQL_USERNAME', 'root'); コメントアウト
define('MySQL_PASSWORD', 'yourpassword'); コメントアウト */

define("MySQL_HOST", 'localhost'); /* 追加 */
define('MySQL_DBNAME', 'spikadb'); /* 追加 */
define('MySQL_USERNAME', 'spikauser'); /* 追加 */
define('MySQL_PASSWORD', 'password'); /* 追加 */

 

8-5. SPIKAの開始

「Open Spika Admin」をクリックします。
05_Spika_install
 

9. ログイン

SPIKAにログインします。
初期情報は以下の通りです。

ID : admin@spikaapp.com
PW : password

「Sing In」をクリックしてログインします。
06_Spika_install

以下は、初期ログイン画面です。
07_Spika_install


10月 11, 2014 at 7:29 pm by 黒ぶちメガネ
Category: Linux