IPアドレスを管理ツールである phpIPAM をインストールしてみました。

IPアドレス管理ってみなさんどうやってるんでしょう。
やっぱり、Excelとかなんですかね?
自分のところはExcelで管理していたんですが、どうしても限界があるんですよね。Excelだと。


■(あくまでも)自分が感じたExcel管理のダメなところ
・Excel管理だとファイルが複数できあがる。(とりあえず検索してみると、いっぱい出てくる時も・・・)
・ファイル名がバラバラ。(決まりがないのは、頭に日付が入ってたりお尻に入ってたり、そもそも入ってなかったり、oldってついてたりnewってついてたり・・・)
・保存してあるパスが案件ごとに異なる。(もう時間がかかる検索したくないです)
・バージョン管理?なにそれ?おいしいの?(履歴も無いしどれが最新なんだよ・・・)
・更新してるの?ねぇ、これ更新してるの?空いてるIP設定したらバッティングしたんだけど・・・。
・フォーマットなんて決まっちゃいない。みんなばーらばら。(何このシートは?他のシートと書いてある事違うじゃん・・・)
・そもそも、Excelで管理するの嫌い。



と、言う事で何かいいツールが無いか探してみたところ phpIPAM を見つけて触ってみたところcsvでインポートできたり見た目がかっこよかったり登録したIP(ホスト)の死活監視機能(ping)をOn/Offできたりと自分の中でしっくりきたので備忘録に書いときます。

■phpIPAM

http://sourceforge.net/projects/phpipam/

スクリーンショット 2014-03-30 17.21.03

スクリーンショット 2014-03-30 17.22.36

■環境

項目バージョンダウンロード先
CentOS6.5 64bit理研
phpIPAM1.0sourceforge
httpd2.2.15-29標準パッケージを使用
php5.3.3-27標準パッケージを使用
mysql-server5.1.73-3標準パッケージを使用

※ここでは、phpIPAMが最低限動作する手順しか書いてありません。その他の設定(例えば、apacheのServerNameの変更やセキュリティ設定など)は省略します。
 


 

(1)必要なパッケージのインストール

1-1. yumでphpIPAMを動作させるのに必要なミドルウェアをインストールする

[root@localhost ~]# yum -y install php php-gd php-mbstring php-mysql php-pear mysql-server

 

(2)各種設定

2-1. MySQLの設定をする

[root@localhost ~]# vi /etc/my.cnf 
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

character-set-server = utf8 # 追加

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

 

2-2. phpの設定をする

[root@localhost ~]# vi /etc/php.ini 
;date.timezone =
# 変更
date.timezone = Asia/Tokyo

 

2-3. Apacheの設定をする

[root@localhost ~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf 
(snip)
<Directory "/var/www/html">

#
# Possible values for the Options directive are "None", "All",
# or any combination of:
#   Indexes Includes FollowSymLinks SymLinksifOwnerMatch ExecCGI MultiViews
#
# Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
# doesn't give it to you.
#
# The Options directive is both complicated and important.  Please see
# http://httpd.apache.org/docs/2.2/mod/core.html#options
# for more information.
#

    Options Indexes FollowSymLinks
    # 変更
    Options None

#
# AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
# It can be "All", "None", or any combination of the keywords:
#   Options FileInfo AuthConfig Limit
#
    AllowOverride None
    # 変更
    AllowOverride All

#
(snip)

 

(3)プロセス起動

3-1. MySQLを起動する

[root@localhost ~]# service mysqld start
MySQL データベースを初期化中:  Installing MySQL system tables...
OK
Filling help tables...
OK
(snip)
Please report any problems with the /usr/bin/mysqlbug script!
                                                           [  OK  ]
mysqld を起動中:                                           [  OK  ]

 

3-1-1. MySQLのrootにパスワード設定

[root@localhost ~]# mysql -u root
mysql> set password for root@localhost=password('PassWord');
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> quit
Bye

※ここでは「PassWord」というパスワードを設定しています。
 

3-2. Apacheを起動する

[root@localhost ~]# service httpd start
httpd を起動中: httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using localhost.localdomain for ServerName
                                                           [  OK  ]

※ServerName設定してないんで、怒られます。
 

(4)phpIPAMインストール

4-1. ダウンロード

[root@localhost ~]# curl -L -o phpipam-1.0.tar http://sourceforge.net/projects/phpipam/files/latest/download

 

4-2. インストール

[root@localhost ~]# tar xvf phpipam-1.0.tar 
[root@localhost ~]# cd phpipam
[root@localhost ~]# mv phpipam/{.htaccess,api,css,db,functions,index.php,install,js,misc,site,upgrade,config.php} /var/www/html/
[root@localhost ~]# chown -R apache:apache /var/www/html/

 

(5)phpIPAM設定

5-1. インストール画面にアクセス

ブラウザを起動して「http://ip_or_hostname/install/」にアクセスします。
 

5-2. MySQLのroot情報を入力

情報入力後に「Install phpipam database」をクリックします。
スクリーンショット 2014-03-30 17.09.21

問題が無ければ「login to phpIPAM」が表示されるのでクリックします。

スクリーンショット 2014-03-30 17.11.07

 

5-3. 「install」ディレクトリ削除

[root@localhost ~]# rm -rf /var/www/html/install/

これで、インストールが完了です :D
 

(6)ログイン

6-1. 管理画面へログイン

スクリーンショット 2014-03-30 17.17.51

デフォルトユーザー : Admin
パスワード : ipamadmin
ログインURL : http://ip_or_hostname/login/

必要な情報を入力して「Login」をクリックします。

初期は、サンプルデータが入っているので削除します。
 

参考文献

1. http://en.wikipedia.org/wiki/IP_address_management


3月 30, 2014 at 5:33 pm by 黒ぶちメガネ
Category: Linux, ツール