CentOS 6 で Sphinx を導入した時の備忘録です。

項目バージョンダウンロード先
CentOS6.5 64bit理研


■概要
ここでは、Sphinxを導入してblockdiagでフローチャートを作成できるようにします。

■Sphinx公式
http://docs.sphinx-users.jp/index.html
 


 

(1)Sphinxを導入

1-1. 必要なパッケージのインストール

[root@localhost ~]# yum -y install python-setuptools python-devel zlib-devel libjpeg-turbo-devel freetype-devel

 

1-2. blockdiagの画像作成に必要なツールをインストール

[root@localhost ~]# easy_install pil pillow

 

1-3. Sphinxインストール

[root@localhost ~]# easy_install sphinx

 

1-4. blockdiagインストール

[root@localhost ~]# easy_install sphinxcontrib-blockdiag

 

1-5. IPAフォントをダウンロードして解凍

[root@localhost ~]# curl -L -o ipagp00303.zip http://ipafont.ipa.go.jp/ipafont/ipagp00303.php
[root@localhost ~]# unzip ipagp00303.zip

 

(2)blockdiagでフローチャートを書いてみる

1-1. conf.py修正

[root@localhost ~]# vi conf.py 
(snip)
# Add any Sphinx extension module names here, as strings. They can be
# extensions coming with Sphinx (named 'sphinx.ext.*') or your custom
# ones.
extensions = ['sphinxcontrib.blockdiag'] # 拡張追加

# Fontpath
blockdiag_fontpath = '/root/ipagp00303/ipagp.ttf' # フォントパス
(snip)


※sphinx-quickstartで初期ファイルを作成している前提です。
 

1-2. index.rstのソース

===========
TESTページ
===========

.. blockdiag::

    blockdiag admin {
        テスト -> テスト2;
    }

 

こんな感じで描画されます。
スクリーンショット 2014-03-02 0.03.26

 

参考文献

1. http://pillow.readthedocs.org/en/latest/installation.html
2. http://d.hatena.ne.jp/podhmo/20120112/1326350959
3. http://blockdiag.com/ja/blockdiag/sphinxcontrib.html
4. http://ipafont.ipa.go.jp/ipafont/download.html

以下、よかったら :-)

■【Linux】Sphinx公式のテーマを使ってみた
http://www.kurobuti.com/blog/?p=7140


3月 2, 2014 at 12:13 am by 黒ぶちメガネ
Category: Linux, Sphinx