CentOS 5.10 に PHP 5.5.5 をインストールしてみました。

■環境

項目バージョンダウンロード先
CentOS5.10 64bit理研
PHP5.5.5PHPダウンロード先
bison2.7bisonダウンロード先
re2c0.13.6re2cダウンロード先


PHPをインストールする時のビルドオプションは例です :)
各自環境に合わせて指定してください。

また、通常パッケージのbisonを使うとconfigure時に警告が表示されるためサポートされているbisonを一時的に使用します。
re2cも同じエラーが発生します。標準パッケージには用意されていないのでbisonと同じくサポートされているものをインストールして一時的に使用します。
※「一時的」とはphpをインストールする時だけです。

■警告内容
configure: WARNING: bison versions supported for regeneration of the Zend/PHP parsers: 2.4 2.4.1 2.4.2 2.4.3 2.5 2.5.1 2.6 2.6.1 2.6.2 2.6.3 2.6.4 2.6.5 2.7 (found: 2.3).
configure: WARNING: You will need re2c 0.13.4 or later if you want to regenerate PHP parsers.

■補足

CentOSをインストールした時は「開発環境」にチェックを入れてインストールしています。


 

(1)必要なパッケージのインストール

[root@localhost ~]# yum -y install httpd.x86_64 httpd-devel.x86_64 libxml2-devel.x86_64 curl-devel.x86_64 libjpeg-devel.x86_64 gd-devel.x86_64

 

(2)PHPのダウンロード

[root@localhost ~]# cd /usr/local/src/
[root@localhost ~]# wget http://us1.php.net/get/php-5.5.5.tar.gz/from/jp1.php.net/mirror

 

(3)bisonのダウンロード

[root@localhost src]# wget http://ftp.gnu.org/gnu/bison/bison-2.7.tar.gz

 

(4)re2cのダウンロード

[root@localhost src]# wget http://sourceforge.net/projects/re2c/files/re2c/0.13.6/re2c-0.13.6.tar.gz/download

 

(5)bisonのインストール

[root@localhost src]# tar zxvf bison-2.7.tar.gz
[root@localhost src]# cd bison-2.7
[root@localhost bison-2.7]# ./configure --prefix=/usr/local/bison-2.7
[root@localhost bison-2.7]# make && make install
[root@localhost bison-2.7]# cd ..

 

(6)re2cのインストール

[root@localhost src]# tar zxvf re2c-0.13.6.tar.gz
[root@localhost src]# cd re2c-0.13.6
[root@localhost re2c-0.13.6]# ./configure --prefix=/usr/local/re2c-0.13.6
[root@localhost re2c-0.13.6]# make && make install
[root@localhost re2c-0.13.6]# cd ..

 

(7)phpのビルドオオプションスクリプトを作成

[root@localhost src]# tar zxvf php-5.5.5.tar.gz
[root@localhost src]# cd php-5.5.5
[root@localhost php-5.5.5]# vi config.sh
#!/bin/sh
export PATH=/usr/local/bison-2.7/bin:/usr/local/re2c-0.13.6/bin:$PATH

./configure \
        YACC=/usr/local/bison-2.7/bin/bison \
        RE2C=/usr/local/re2c-0.13.6/bin/re2c \
        --with-apxs2 \
        --with-libdir=lib64 \
        --with-layout=GNU \
        --enable-mbstring \
        --with-mysql=mysqlnd \
        --with-mysqli=mysqlnd \
        --with-pdo-mysql=mysqlnd \
        --with-zlib \
        --with-gd \
        --with-jpeg-dir \
        --with-png-dir \
        --with-freetype-dir \
        --with-pear \
        --with-curl

 

(8)phpのインストール

[root@localhost php-5.5.5]# chmod +x config.sh
[root@localhost php-5.5.5]# ./config.sh
[root@localhost php-5.5.5]# make && make test

 

(9)phpinfoなどで内容を確認

9-1. Apacheの設定に「AddHandler application/x-httpd-php .php」を追加
9-2. Apacheを起動 or リロード
9-3. phpinfoのコンテンツを作成してブラウザからアクセス
 

参考文献
構文解析(wikipedia)
字句解析(wikipedia)


11月 4, 2013 at 5:06 pm by 黒ぶちメガネ
Category: Linux