VMware の検証用としてML110 G5の自作ストレージサーバ(ソフトウェアRaid0 240GB x 4台)を使っていたのですが、Windowsのインストールとかクローンとかがすごく時間がかかり非常に効率が悪かったため思い切って新しいサーバ作っちゃえと思い購入してみました。

大項目中項目備考
サーバML310e G8 Xeon E3-1220v2 3.10GHz 1P/4C 2GB NHP SATA/4LFF(3.5)B120i/ZM タワーシステム構成図
ストレージ(OS)SEAGETE ST2000DM001製品仕様
ストレージ(VM)OCZ VTR1-25SAT3-256G Vectorシリーズ 256GB 2.5インチ 6Gb/s x 2個製品仕様
RAIDカードAdaptec ASR-7805 Kit 2274200-R製品仕様
OSCentOS 6.4 64bit


Adaptec のドライバもLinuxに標準で入っているのでそれほどセットアップは難しくありませんでした。
RAID設定も POST 画面で「Ctl+a」を押せば設定画面に入って後はRAIDグループを作成してレベルを設定するだけでした。
# 今回はSSD RAID 0 で組んでいます。

OSは、HDDの方に入れたのですが、ここで問題発生!
ブートパーティッションはSSDに作っておかないと、HDDまで読みに行ってくれない罠!

最初は、HDDに全てインストールして起動したところ「Disk Error」が表示されてなんのこっちゃいと思いましたが、よく考えてみるとブートパーティッションが読みに行けていないだけなのかなと思いSSDに作成し起動したところ無事OSが立ち上がりました。

体感速度もかなり向上しましたね。

Windows7のインストール(ストップウォッチで計測)
6分35秒位(Windows のセットアップ画面表示まで)
※電源ONしたところからの時間です。

Windows7のクローン取得時間(仮想マシンはシャットダウン)
3分45秒

ML110 G5の頃だと、どちらも2,30分程度かかっていました・・・。

めちゃくちゃ速くなって満足デス!!

後は、簡単なベンチマーク結果です。

■hdparm結果

[root@nfs ~]# hdparm -t /dev/sda2

/dev/sda2:
 Timing buffered disk reads:  1086 MB in  3.00 seconds = 361.70 MB/sec
# なんか遅い気がするな。。。


■ddの結果

[root@nfs ~]# time dd if=/dev/zero of=/VM/testfile ibs=1M obs=1M count=1024
1024+0 records in
1024+0 records out
1073741824 bytes (1.1 GB) copied, 0.945068 s, 1.1 GB/s

real    0m1.098s
user    0m0.072s
sys     0m0.673s

お約束としてスーパーπの結果も張り付けておきます。

■スーパーπ結果

[root@nfs pi]# ./pi
 Version 2.0 of the super_pi for Linux OS
 Fortran source program was translated into C program with version 19981204 of
 f2c, then generated C source program was optimized manually.
 pgcc 3.2-3 with compile option of "-fast -tp px -Mbuiltin -Minline=size:1000 -Mnoframe -Mnobounds -Mcache_align -Mdalign -Mnoreentrant" was used for the
 compilation.
 ------ Started super_pi run : 2012年 12月 22日 土曜日 15:27:17 JST
 Parameter(%i) to super_pi is missing. Parameter value ? 20
 Start of PI calculation up to 1048576 decimal digits
 End of initialization. Time=       0.269 Sec.
 I= 1 L=       0        Time=       0.423 Sec.
 I= 2 L=       0        Time=       0.485 Sec.
 I= 3 L=       1        Time=       0.484 Sec.
 I= 4 L=       2        Time=       0.485 Sec.
 I= 5 L=       5        Time=       0.484 Sec.
 I= 6 L=      10        Time=       0.484 Sec.
 I= 7 L=      21        Time=       0.485 Sec.
 I= 8 L=      43        Time=       0.484 Sec.
 I= 9 L=      87        Time=       0.485 Sec.
 I=10 L=     174        Time=       0.484 Sec.
 I=11 L=     349        Time=       0.483 Sec.
 I=12 L=     698        Time=       0.483 Sec.
 I=13 L=    1396        Time=       0.482 Sec.
 I=14 L=    2794        Time=       0.482 Sec.
 I=15 L=    5588        Time=       0.480 Sec.
 I=16 L=   11176        Time=       0.477 Sec.
 I=17 L=   22353        Time=       0.467 Sec.
 I=18 L=   44707        Time=       0.451 Sec.
 I=19 L=   89415        Time=       0.417 Sec.
 End of main loop
 End of calculation.    Time=       9.638 Sec.
 End of data output.    Time=       0.056 Sec.
 Total calculation(I/O) time=       9.694(       0.266) Sec.
 ------ Ended super_pi run : 2012年 12月 22日 土曜日 15:27:28 JST


今度、ORIONやIOMeterなどで計測してみようかな。

これで、ストレスなく検証ができる!!

参考文献
1. http://hesonogoma.com/linux/HardDiskPerformance.html


4月 14, 2013 at 10:44 pm by 黒ぶちメガネ
Category: パソコン関係