Perlモジュールである Expoter を使った時の備忘録です。

■説明
メインルーチンで、モジュールの関数を直接指定して実行する方法ってどうやってやるのか調べたところ Exporter を使うと言う事が分かったのでとりえあず動作確認をしてみました。

■OS
CentOS6.3 64bit

 


(1)テストモジュールを作成

[root@example ~]# mkdir -p /usr/local/share/perl5/KUROBUTI
[root@example ~]# vi /usr/local/share/perl5/KUROBUTI/Test.pm
package KUROBUTI::Test;
use strict;
use warnings;
use Exporter;

our(@ISA,@EXPORT);
@ISA = qw(Exporter);
@EXPORT = qw(hello test);

sub hello {

        print "Hellow World.", "\n";

}

sub test {

        print "This is Test.", "\n";

}

 

(2)モジュールを利用するスクリプト作成

[root@example ~]# vi test.pl
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use KUROBUTI::Test;

&hello;
&test;
[root@example ~]# chmod +x test.pl

ハイライト部分でモジュールの関数を直接指定しています。

 

(3)実行してみる

[root@example ~]# ./test.pl
Hellow World.
This is Test.

できました:)



■参考文献
1. http://search.cpan.org/~toddr/Exporter-5.67/lib/Exporter.pm
2. http://tech.bayashi.jp/archives/entry/perl/2008/002205.html


1月 17, 2013 at 10:39 pm by 黒ぶちメガネ
Category: Linux, Perlスクリプト