SPFのsyslogファシリティを変更した時の備忘録です。

■SPFバージョン
postfix-policyd-spf-perl-2.007

(1)postfix-policyd-spf-perlを編集

[root@example ~]# vi postfix-policyd-spf-perl
my $syslog_facility = 'mail';
↓ # 変更
my $syslog_facility = 'local1';

これで、SPFチェック時に出力されるsyslogのファシリティが変更できる。


10月 30, 2011 at 9:31 pm by 黒ぶちメガネ
Category: Linux, Postfix, spam対策