ssmtpのsrc.rpmを作ってみました。

■ssmtpについて
http://packages.debian.org/stable/mail/ssmtp

■説明
ざっくり言っちゃうと、PostfixやSendmailでメールサーバ構築しなくても簡単な設定だけでssmtp(sendmailコマンド互換)を使って外部のMTA(ISPのメールサーバ、gmailなど)からメールを送信しちゃおうよ!みたいな感じです。
ここでは、ssmtpを使ってgmailを利用してみます。
ちなみに、Fedoraとかだとパッケージが用意されているみたいです。

■使用OS
CentOS 6.0 64bit

■ssmptバージョン
ssmtp-2.64-1.el6.src.rpm
MD5(ssmtp-2.64-1.el6.src.rpm)= 7d13a30f39fd6043b69da62235358493

(1)ビルドに必要なパッケージのインストール

[root@example ~]# yum -y install openssl-devel

(2)ssmtp-2.64-1.el6.src.rpmをダウンロード
[root@example ~]# wget http://www.kurobuti.com/download/ssmtp/ssmtp-2.64-1.el6.src.rpm

(3)ssmtp-2.64-1.el6.src.rpmのインストール
[root@example ~]# rpm -ivh ssmtp-2.64-1.el6.src.rpm

(4)ssmtpのrpmパッケージ作成
[root@example ~]# cd rpmbuild/SPECS/
[root@example SPECS]# rpmbuild -bb ssmtp.spec
・
・
Mail name [kurobuti.com]: # Enter

Please enter the SMTP port number [25]: # Enter
・
・
※ホスト名がTLD付きじゃないとエラーになる。

(5)ssmtpのrpmパッケージをインストール
[root@example SPECS]# cd ../RPMS/x86_64/
[root@example x86_64]# rpm -ivh ssmtp-2.64-1.el6.x86_64.rpm
準備中...                ########################################### [100%]
   1:ssmtp                  ########################################### [100%]

(6)ssmtpの設定
[root@example ~]# cd /etc/ssmtp/
[root@example ssmtp]# vi ssmtp.conf
mailhub=mail
↓ # 変更
mailhub=smtp.gmail.com:587

hostname=kurobuti.com
↓ # 変更
hostname=gmail.com

#--最終行にでも以下追加--#
root=「gmailのユーザー名」@gmail.com
rewriteDomain=gmail.com
AuthUser=「gmailのユーザー名」@gmail.com
AuthPass=「gmailのログインパスワード」
UseSTARTTLS=YES
FromLineOverride=YES

(7)動作確認
[root@example ~]# vi mail_body
To: # 宛先メールアドレス
From: # 送信元メールアドレス
Subject: test # 題名

test mail. # 本文

[root@example ~]# /usr/sbin/ssmtp -t < mail_body
※メールが宛先に届くこと

参考文献
1.  http://www27.atwiki.jp/centos-home/pages/25.html
2.  http://webos-goodies.jp/archives/50645131.html 


8月 17, 2011 at 10:46 pm by 黒ぶちメガネ
Category: 日常