ここでは、特定のFromドメインにのみSPFチェックをする時に設定した備忘録です。

■使用OS
CentOS 5.6 64bit

■使用MTA
Postfix

■SPFバージョン
postfix-policyd-spf-perl-2.007

■SPFチェック対象ドメイン
example4.com

■前提条件
SPFの設定済み

(1)main.cfを編集

[root@example ~]# vi /etc/postfix/main.cf
# --最終行にでも追加--
# SPF
smtpd_restriction_classes = check_spf
header_checks = regexp:/etc/postfix/header_checks
check_spf = check_policy_service unix:private/policy
smtpd_recipient_restrictions =
                                permit_mynetworks,
                                reject_unauth_destination,
                                check_sender_access hash:/etc/postfix/access
※上記では、「smtpd_restriction_classes」で「check_spf」を定義する。

(2)accessを編集
[root@example ~]# vi /etc/postfix/access
# --最終行にでも追加--
example4.com    check_spf
[root@example ~]# postmap /etc/postfix/access
※上記のようにSPFチェックをしたいドメインに対しては「smtpd_restriction_classes」で定義した「check_spf」を付ける。

(3)postfixをリロード
[root@example ~]# service postfix reload
postfix を再読み込み中:                                    [  OK  ]

(4)実際に設定したドメインだけしかSPFチェックされないことを確認する


7月 3, 2011 at 5:28 pm by 黒ぶちメガネ
Category: Linux, Postfix, spam対策