Samba-3.5.8のrpmパッケージを作ってインストールしたときの備忘録です。

■Samba公式
http://www.samba.org/samba/

■使用OS
CentOS 5.6 64bit
注)OSのインストール方法は、以下アドレスの通りにしています。
http://www.kurobuti.com/linuxserver/index.php?option=com_content&view=artic
le&id=68&Itemid=74


■Sambaバージョン
Samba-3.5.8

Sambaのソースアーカイブ内には、rpmを作成するspecファイルがあります。

しかし、デフォルトで付属しているspecファイルを使用してもうまくいパッケージが作成されなかったため、ここでは黒ぶちがいくつか修正したspecファイルを使用します。

■specファイル修正部分
BuildRequiresに「python-devel」を追加
ビルドオプションに「–with-cifsumount」を追加
%files docに「%doc %{_includedir}/wbc_async.h」「%doc %{_datadir}/locale/de/LC_MESSAGES/net.mo」「%doc %{_mandir}/man5/pam_winbind.conf.5.gz」追加

(1)必要なパッケージのインストール

[root@example ~]# yum -y install pam-devel readline-devel libacl-devel openldap-devel krb5-devel cups-devel keyutils-libs-devel python-devel

(2)Samba-3.5.8をダウンロード
[root@example ~]# wget http://www.samba.org/samba/ftp/stable/samba-3.5.8.tar.gz

(3)パッケージ作成が作成できるように2つのディレクトリを再アーカイブ化
[root@example ~]# tar zxvf samba-3.5.8.tar.gz samba-3.5.8/packaging/RHEL/setup ; tar -C /root/samba-3.5.8/packaging/RHEL -cf - setup | bzip2 -c > /usr/src/redhat/SOURCES/setup.tar.bz2 ; rm -rf samba-3.5.8
[root@example ~]# tar zxvf samba-3.5.8.tar.gz ; tar cf - samba-3.5.8 | bzip2 -c > /usr/src/redhat/SOURCES/samba-3.5.8.tar.bz2 ; rm -rf samba-3.5.8

(4)specファイルのダウンロード
[root@example ~]# cd /usr/src/redhat/SPECS/
[root@example SPECS]# wget http://www.kurobuti.com/download/samba/3.5.8/samba.spec

(5)パッケージを作成
[root@example SPECS]# rpmbuild -bb samba.spec

(6)パッケージのインストール
[root@example SPECS]# cd ../RPMS/x86_64/
[root@example x86_64]# rpm -ivh samba-3.5.8-1.x86_64.rpm samba-client-3.5.8-1.x86_64.rpm samba-common-3.5.8-1.x86_64.rpm


4月 12, 2011 at 9:43 pm by 黒ぶちメガネ
Category: Linux, samba