Proftpd-1.3.3dをインストールした時の備忘録です。

Proftpd公式
http://www.proftpd.org/
注)最新版は上記URLで確認してください。

使用OS
CentOS 5.5 64bit

Proftpdバージョン
1.3.3d 

(1)「proftpd-1.3.3d」をダウンロードする。

[root@example ~]# wget ftp://ftp.proftpd.org/distrib/source/proftpd-1.3.3d.tar.gz

(2)ダウンロードした 「proftpd-1.3.3d」を解凍する。
[root@example ~]# tar zxvf proftpd-1.3.3d.tar.gz

(3)解凍した「proftpd-1.3.3d」をインストールする。
[root@example proftpd-1.3.3d]# ./configure --prefix=/usr/local/proftpd --enable-dso
[root@example proftpd-1.3.3d]# make
[root@example proftpd-1.3.3d]# make install

(4)起動スクリプトをコピーして修正する。
[root@example proftpd-1.3.3d]# cp contrib/dist/rpm/proftpd.init.d /etc/rc.d/init.d/proftpd
[root@example proftpd-1.3.3d]# vi /etc/rc.d/init.d/proftpd
・
・
# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions
export PATH=$PATH:/usr/local/proftpd/sbin:/usr/local/proftpd/bin # 追加
・
・

(5)起動スクリプトに実行権限を与える。
[root@example proftpd-1.3.3d]# chmod +x /etc/rc.d/init.d/proftpd

(6)「proftpd-1.3.3d」の設定ファイルを編集する。
[root@example proftpd-1.3.3d]# cd /usr/local/proftpd/etc/
[root@example etc]# vi proftpd.conf
・
・
Group                           nogroup
# ↓変更
Group                           nobody
注)ここでは、起動するために必要な最低限の設定だけを行います。

(7)「proftpd-1.3.3d」を起動する。
[root@example ~]# /etc/rc.d/init.d/proftpd start
Starting proftpd:                                          [  OK  ]
注)「/etc/hosts」にホスト名を記述しておかないと以下のようなエラーが出力される。
エラー内容
Starting proftpd: – warning: unable to determine IP address of ‘example’

(8)試しにログインしてみる。
[root@example ~]# ftp localhost
Connected to storage.local.
220 ProFTPD 1.3.3d Server (ProFTPD Default Installation) [127.0.0.1]
500 AUTH not understood
500 AUTH not understood
KERBEROS_V4 rejected as an authentication type
Name (localhost:root): testuser
331 Password required for testuser
Password:
230 User testuser logged in
Remote system type is UNIX.
Using binary mode to transfer files.
ftp> quit
221 Goodbye.
注)問題なくログインできること。


1月 27, 2011 at 11:44 pm by 黒ぶちメガネ
Category: Linux